toggle
2016-08-01 | なかのひと6号

キム・カフェ

階下の金基弘先生の研究室前には、りっぱな喫茶店みたいな看板がおいてあるのですが、誰彼(もちろん学生も)構わずに手回しミルでひいたコーヒーを馳走してくれます。(けして暇なわけではありません。)
「やっぱり、ひきたては美味しいね。」なんていうとマスターはご満悦!
そのうち焙煎まで始めてしまうのではないだろうか?たまにはコーヒー豆代をカンパしないと…、

金研究室の手回しミル

金研究室の手回しミル

タグ:
関連記事