toggle
2017-03-06 | なかのひと6号

文化情報学研究所研究会(岡部建次教授)

2017年2月24日(金)の文化情報学研究所研究会で岡部建次教授の研究報告「表計算ソフト上の知的システムの研究」がありました。

研究報告発表会場の様子

本年度でご退職されることもあり、次の三項目について研究総括の風にて紹介がありました。

  • 明治政治史料データベース(広瀬順皓氏との共同研究)
  • 表計算ソフト上の知的システム(表計算ソフトの高次利用)
  • 鉄道走行を利用するリニア発電の研究

データベースや表計算ソフトを利用したシミュレーションを多く手がけられ、事務作業など一般に利用されているアプリケーションの可能性に注目をされていたとのことでした。最後のリニア発電は研究中の案件で、原理について嬉々として語っておられました。

リニア発電の説明中。流行りのPPAPではありません。

まだまだお若い。ますますのご発展を祈念します。

岡部建次教授

関連記事