toggle
2017-08-02 | なかのひと6号

オープンキャンパス模擬授業 7月23日(日)

夏季開催の駿河台大学オープンキャンパスは午前午後とプログラムがあり1日かけて大学を満喫できます。暑さに負けないように水分補給をしながらお楽しみください。

過日7月22日午前、メディア情報学部では斎賀和彦教授による模擬授業「ゼミ生たちはどうやって映像のプロになっていったか〜大学でなにを学ぶのか〜」がありました。
テレビCMの制作ディレクターと活躍してきた経験が如何に学生の育成に反映されているか、そして学生達が如何に成長して巣立っていったかが語られました。
また模擬授業の後、ゼミナールで映像制作に取り組む学部生本人から授業での活動や体験を高校生達と語らう機会(写真下部)が設けられました。

模擬授業「ゼミ生たちはどうやって映像のプロになっていったか~大学でなにを学ぶのか~」

7月22日午後は、城井光広教授による模擬授業「写真を合成し、貼りつけてコラージュ体験をしよう」がありました。
写真やイラストの制作のプロフェッショナルツール、そしてグラフィックデザインからゲームやアニメーション制作の現場でデファクトスタンダードとして利用されているアドビのフォトショップの実習が行われました。実習を通じて如何に個性を独創性につなげていくのかが参加者に投げかけられました。
おなじく模擬授業の後、グラフィックデザイン関連の授業でどのような成果物があるのか学部生達を交えて紹介(写真下部)がされました。

模擬授業「写真を合成し、貼りつけてコラージュ体験をしよう」

今週末、8月5日(土)6日(日)にも駿河台大学ではオープンキャンパスが開催されます。
メディア情報学部では両日とも午前午後に模擬授業と学部企画が行われます。メディア情報学部のみならずコンテンツ発信周辺に興味のある方、是非に覗いでみてください。

  • 8月5日午前は「これから動画クリエイターになりたい高校生へのガイダンス」(CMなど映像制作)
  • 8月5日午後は「ラジオ番組の制作を体験しよう」(ラジオ番組制作)
  • 8月6日午前は「『映像ディレクター』のお仕事」(テレビ番組制作)
  • 8月6日午後は「キャラや動物の手描きイラストをカラフルに仕上げよう」(グラフィックデザイン)

詳しくは駿河台大学オフィシャルサイト内、受験生応援サイト「オープンキャンパス2017」をご覧ください。

関連記事