toggle
2017-08-02 | なかのひと6号

オープンキャンパス模擬授業 7月22日(土)

夏季開催の駿河台大学オープンキャンパスは午前午後とプログラムがあり1日かけて大学を満喫できます。暑さに負けないように水分補給をしながらお楽しみください。

過日7月22日午前、メディア情報学部では大久保博樹教授による模擬授業「音はすべて作りますというお話【ゲーム・映画・ラジオ・YOUTUBE】」がありました。
学生とともにラジオ番組の音響制作に携わった話題や、映画などにおける音響演出についての講義の後、音響を操作するアプリケーションに触れて実際の操作を体験しました。音を「まるめる」ということを初めて知った方もおられたのではないでしょうか?
また模擬授業の後、学部生本人からどうして音響を学ぶことになったのかなど体験を聴く機会もありました。

模擬授業「音はすべて作りますというお話【ゲーム・映画・ラジオ・YOUTUBE】」

7月22日午後は、野村正弘教授による模擬授業「博物館・美術館で働きたい人必見!〜キュレーターの仕事とは〜」がありました。
学芸員とキュレーターの違いについてから、学芸員資格と実際の仕事へとテンポよく話が進み、文化財梱包の実習が行われました。同伴された方々も一緒に挑戦。まるで布団作り講習会の様相でした。
おなじく模擬授業の後、司書資格取得中の学部生の案内でメディアセンター内大学図書館を見学する機会もありました。

模擬授業「博物館・美術館で働きたい人必見!~キュレーターの仕事とは~」

今週末、8月5日(土)6日(日)にも駿河台大学ではオープンキャンパスが開催されます。
メディア情報学部では両日とも午前午後に模擬授業と学部企画が行われます。メディア情報学部のみならずコンテンツ発信周辺に興味のある方、是非に覗いでみてください。

  • 8月5日午前は「これから動画クリエイターになりたい高校生へのガイダンス」(CMなど映像制作)
  • 8月5日午後は「ラジオ番組の制作を体験しよう」(ラジオ番組制作)
  • 8月6日午前は「『映像ディレクター』のお仕事」(テレビ番組制作)
  • 8月6日午後は「キャラや動物の手描きイラストをカラフルに仕上げよう」(グラフィックデザイン)

詳しくは駿河台大学オフィシャルサイト内、受験生応援サイト「オープンキャンパス2017」をご覧ください。

関連記事